肌がきれいな女性

アミノ酸の一種で、炎症を引き起こすプラスミンと呼ばれる酵素を、抑える働きがあると言われているトラネキサム酸は、抗プラスミン作用の働きにより、美白効果があると言われています。エイジングケアやスキンケア、歯磨き粉に使われているなど、その用途は幅広く、このことからも高い美白効果があることが解ります。

そんなトラネキサム酸は、使用すると副作用が起こるのでしょうか。綾瀬はるかさんのような美白になる事が出来るのでしょうか。トラネキサム酸が入っているトランシーノについてや、肌トラブルを改善するのに良いと言われているプラセンタ、肌に優しいクレンジングの方法などをご紹介します。

トラネキサム酸とはどんな成分か?

トラネキサム酸はたんぱく質を構成する成分である必須アミノ酸の1つです。リシンをもとにして作られた、人工合成されたアミノ酸の一種です。炎症を引き起こす酵素であるプラスミンを抑制する抗プラスミン作用を持っています。OTC医薬品としては、初めて肝斑の改善が効能として認められた成分ですがそれ以外にも、喉の腫れや口内炎を治療する薬や、歯磨き粉など幅広く使われています。

なお、メラニンの情報をブロックして、そばかすなどを防ぐ効果があります。人間の身体は、紫外線を浴びると肌細胞からシミ情報が伝達されてメラニンを作り出します。しかし、有効成分であるトラネキサム酸が情報の中にあるプロスタグランジンなどをブロックすることでメラニンの生成を抑えてくれるのです。また、高い美白効果があることから、様々な化粧水や肝斑を治す医薬品などに使われています。私たち人間の皮膚は、一番外側に表皮があり、その下には真皮、そして皮下組織の三層から成り立っています。

肝斑はシミの一種であり表皮の中でメラニンが過剰に作られてしまい、それが細胞内に溜まることで起こる症状です。肝斑を改善するトラネキサム酸は、表皮のターンオーバーによって細胞が生まれ変わる間にシミの元をブロックして、メラニンの生成を抑えて新しい症状が出来ないようにしてくれるのです。また、肝斑の発症には、経口避妊薬を使用している人や、妊娠・閉経などが関わっていることから、女性ホルモンが大きくかかわっているとも言われています。

但し、その作用メカニズムは、女性ホルモンの乱れを修正するものではありません。メラニンが発生する要因の1つであるメラノサイト活性化因子のプラスミンをブロックすることで、肝斑の原因であるメラニンの生成を抑制して、肝斑を薄くする作用があると考えられています。また、アミノ酸の一種ですので万が一肝斑ではない人が医薬品を服用した場合でも、身体に悪い影響を与える成分は入っていないと言われていますので安心して下さい。但し、実際に医薬品を使用する場合には使用上の注意はよく読むことが大切ですので、自己判断で使わないように気をつけてください。万が一トラブルが起こった場合には症状が悪化する恐れもありますので十分に気を付けましょう。

トラネキサム酸は副作用はある?

高い美白・美肌効果があると言われているトラネキサム酸ですが、服用をする事で副作用はあるのでしょうか。実は美容目的以外にも、口内炎や蕁麻疹、扁桃炎などの病気の治療にも使われることが解っています。トラネキサム酸における注意するべき副作用には食欲不振や嘔吐・下痢・胸やけ・けいれんや眠気などがあるようです。中でもけいれんに関していえば、重大な副作用に該当しますので万が一服用してけいれんが起こった場合には注意が必要です。

また、過敏症や血栓症、血栓症静脈炎や消費性凝固障害や心筋梗塞、腎不全や脳血栓、圧迫止血の処置を受けている人などは、投与の際には注意が必要となりますので、必ず事前に医師や薬剤師に相談をすることをオススメします。65歳以上の高齢者が服用する場合にも、事前に医師や薬剤師に確認を取ると安心でしょう。

そして、プラスミンの働きを抑えることで止血作用を発揮することから抗プラスミン薬とも呼ばれています。プラスミンは、アレルギーや炎症反応にも関わっており、服用すれば、プラスミンの働きを弱めて、アレルギー症状や炎症を和らげる働きが期待出来るのです。口内炎や湿疹、蕁麻疹などの症状に処方されますが、皮膚科に行けば様々な治療にも応用される幅広い用途がある薬です。いくつか副作用を挙げさせて頂きましたが、正しく服用すれば一般的には安全性の高い薬ですので安心して下さい。

但し、やはり安全性を高めるためにも持病がある人は事前に医師に伝えることが重要となります。また、持病が無かったとしても何か服用中の薬がある場合には、併せて医師に伝えるように心掛けましょう。特にトロンビンという止血薬を服用している人は、一緒に使用する事は出来ないと言われています。薬を併用してしまいますと、血栓が出来やすくなりますので注意が必要です。

持病があって病院によく行く人であれば、お薬手帳を持っていると思います。普段服用している薬を覚えるのが面倒だという人は医師や薬剤師にお薬手帳を見せれば、薬の内容をチェックしてくれますので安心です。正しく服用すれば安全性が高く副作用はないと言われていますが、稀に副作用が出る人もいれば持病や服用している薬によっては服用できない場合もありますので、十分に気を付けましょう。

綾瀬はるかさん並みの美白になる?

トラネキサム酸は、口内炎や蕁麻疹などの治療に使われますが、美白美容液などの化粧品にも使われる成分です。その効果は高く美白・美肌効果が得られることからも、綾瀬はるかさんのような、美しい肌を作り上げる事が出来ると言われているのを知っていますか。

この綾瀬はるかさんのような、美しい肌を作り上げる事が出来る、医薬部外品有効成分は、化粧品大手ブランドの資生堂では、m-トラネキサム酸という名前で開発しています。そして、その成分は厚生労働省で認可されているそうです。シミ部位では、実は紫外線に当たっていない時でも、メラノサイトが活性化された状態のままで、メラニンを作り続けるためシミが残り続けてしまい、資生堂ではそんな現象に着目してシミ部位では慢性的に弱い炎症状態になっていて、メラノサイトが活性化され続けるということを発見したのです。

また、メラノサイトの活性化を抑制するのと、肌荒れを抑制するという2つの作用がありますがこれらの作用を活かすことで、美白・美肌やうるおい・保湿効果が期待できます。そして、美白・美肌以外にもシミやくま、くすみ、乾燥などにも良いと言われています。抗炎症作用もあることから、医療の現場でも幅広く使われており、処方もされていますので、病院で処方されて使ったことがあるという人も多いかもしれません。また、炎症性のシミやニキビ跡の改善にも役立ち、肌荒れを予防する効果があることから、お肌に嬉しい効果がたくさんあることが解ります。

また、紫外線が原因で生まれてしまったシミ以外にも、肝斑にも有効だと言われていますので、加齢により増えてしまう肝斑の予防にも欠かせません。トラネキサム酸は、美白の救世主とも言われている成分で、普段のスキンケアにも取り入れやすいので、肌トラブルに悩んでいる人は是非使ってみることをオススメします。

但し、シミやそばかすは、紫外線以外にも血行不良や活性酸素が原因で起こることもあります。慢性的な運動不足や長時間デスクワークで座りっぱなしなど、血行が悪くなることで体内に老廃物が溜まり、お肌のターンオーバーが乱れることで肌トラブルが起こってしまいますので、スキンケアに併せて、しっかりと睡眠時間を取ることやお肌に良い成分を摂取するといった生活習慣を改善するなどの努力も必要となるでしょう。