• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンで美肌をGET

トレチノインとハイドロキノンで美肌をGET

2019年12月09日
肌がきれいな女性

トレチノインは、シミやそばかす、肝斑やニキビ、ニキビ跡やシワなどに効果があると言われている成分です。ビタミンA誘導体のことで、アメリカではFDAの認可を受けている薬品ですが、日本では医師の処方のみにより使うことが出来ます。

トレチノインは、漂白作用があるハイドロキノンと併用することで、シミの元となるメラノサイトを抑制します。皮膚の角質をはがして、表皮の細胞を分裂・増殖させて皮膚の再生を促す、ターンオーバー活性効果などの美肌効果も得られます。使用期限は医師から処方されてから約2ヶ月ですので、長期間保存が出来るわけではありません。使用して2~7日程度は、皮が剥けたり痒みが出るといった副作用が出ることもあります。

薬の効果によるものですが、強い刺激を感じた場合には、使用頻度を下げる・使用をやめるなどして、医師に再度相談してください。また、使用中は副作用で紫外線の影響が受けやすい状態になりますので、使い方を守り、保湿とUVケアは徹底しましょう。妊娠中の女性は使用できませんので、必ず医師に伝えて下さい。ハイドロキノンは、シミやそばかす、肝斑やニキビ跡に良いと言われている成分です。

既に出来てしまったシミを薄くしたり、シミを予防する作用があると言われています。メラニン色素を合成するチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを弱めて、メラノサイトの数を減少させる効果があります。使用期限の目安はトレチノインと同じで、約2ヶ月となりますので、こちらも長期間保存が出来るわけではありません。使用する前は、必ず手首などでパッチテストを行ってください。使用中に強い刺激を感じた場合には、使用頻度を下げるか使用をやめるなどして、必ず医師に相談をする必要があります。

また、使用中は紫外線の影響が受けやすい状態になりますので、保湿・UVケアは徹底して下さい。トレチノインとハイドロキノンを使えば、お肌のターンオーバー活性により美肌効果が得られますが、正しい使い方を知っておきましょう。まず、クレンジングや洗顔でお肌を清潔な状態にして、化粧水でお肌を整えます。トレチノインをまず、患部からはみ出さないように綿棒を使って塗ってください。そして、トレチノインが渇くのを待ってから、上にハイドロキノンを患部よりも広めに塗ります。最後に、乳液やクリームを使って保湿をするのを忘れないで下さい。また、お出かけする前は絶対に日焼け止めを使って、紫外線対策をします。最初は肌に赤みが出てしまいますが、続けることで軽減されますのであまり気にしないで下さい。