• ホーム
  • ルミガンを使ってまつ毛革命

ルミガンを使ってまつ毛革命

2019年12月20日

ルミガンはまつげ育毛剤で、まつげが短いと感じている人や、まつげを太く、長くさせたい人や量が不足していると感じている人に、高い効果が期待出来ます。
病院でも処方してもらえますが、ルミガンを通販サイトで手に入れる方法が一般的です。
まつ毛も髪の毛と同様に、毛周期があり一定のパターンに従って成長をして生え変わります。
しかし、マスカラやビューラー、マツエクなどをしてまつげに負担を掛けてしまうと、まつげが薄くなったり抜けて不足してしまうのです。
マツエクなどで、まつげが不十分になる病気のことを睫毛貧毛症と言います。

ルミガンに含まれる有効成分のビマトプロストは、本来緑内障の点眼薬として使われる安全性の高い薬ですが、まれに目のかすみや、まぶたが色素沈着で黒ずんでしまうこともあるそうです。
目の充血や乾きといった副作用もあるそうですので、使用の際には十分に気を付けなくてはいけません。
また、効果を感じるのに約2ヶ月程度掛かるそうですので、即効性があるものではないということを知っておきましょう。
成分の効果を実感させるには、毎日使用を続けることが大切です。

使用を万が一途中でやめてしまいますと、徐々に元のまつげに戻りますので気を付けて下さい。
但し、ルミガンを使用している間に、まぶたに何らかの異変が生じた場合には、使用を中止して必ず医師に診てもらって下さい。
ルミガンの使用方法は、とても簡単です。
1日1回、夜のスキンケアが終わったあとに塗ります。
メイクをしっかりと落として、キレイな状態を作ってから、片目ごとに行うようにしましょう。
直接ルミガンをまつげにつけると、色素沈着などの副作用が起こる可能性があります。
必ず清潔な綿棒を使って、上まつ毛の生え際に塗るようにしましょう。

ルミガンは妊娠中・授乳中の女性は使用できませんので気を付けて下さい。
また、コンタクトレンズをしている人は、必ず外してから使うようにして下さい。
使用後にまたコンタクトレンズを付ける場合には、必ず15分あけてから付けましょう。
ルミガンは、上まつげ以外の必要のない所に塗ってしまいますと、黒ずみが目立つ恐れがあります。
キレイに濡れれば良いですが、うっかり間違えて皮膚につけてしまう恐れもありますので注意が必要です。

もし、自宅にワセリンなどの油分が強いクリームがあれば、塗る前に目の周りにクリームを塗って予防をしてからルミガンを塗りましょう。
クリームの油分でルミガンをはじいてくれますので、色素沈着の予防が出来ます。
ルミガンは、ビマトプロストの副作用を活かしたまつげ育毛剤です。
正しい使い方を心掛けて、万が一目に何らかの異常が起こった場合には、必ず医師に診てもらって下さい。