• ホーム
  • 夏といえばダイエットの季節!ゼニカルでダイエットを始めよう!

夏といえばダイエットの季節!ゼニカルでダイエットを始めよう!

2020年04月19日

夏といえば、水着を着て海水浴とかしたいですが、ダイエットが出来ていなければ薄着になるのも躊躇います。運動をするのも苦手だという人は、ゼニカルを使ったダイエットがおすすめです。ゼニカルは、糖尿病や肥満症、生活習慣病などの肥満予防に良いと言われており、副作用もない痩せる薬として広く認知されています。

実に17か国で約4,000万人の愛好者が居ると言われています。食事から吸収される脂肪分にだけ効果がある薬で、既に身体についてしまっている脂肪を減らす効果はありません。脂肪の吸収を最大で30%カットする効果があり、食べたことをなかったことにする薬とも言われているのです。食事で摂取した脂肪分は、リパーゼという脂肪分解酵素によって細かく分解されたあとに、体内に吸収されるメカニズムがあります。

ゼニカルに使われている、有効成分のオーリスタットはリパーゼに作用して、脂肪を分解する働きを阻害してくれるのです。分解できなかった脂肪は体内に吸収されませんので、そのまま体外に排出されていきます。吸収されなかった脂肪分は、ゼニカルを服用してから24~48時間以内にそのまま油として排泄されるそうです。

見た目がそのまま油といった排泄物となりますので、初めて見る人は大概驚くのだとか。また、食事に含まれる脂肪分の量によって、得られる効果も変わりますので、脂肪分が少ない時はあまり効果は得られないでしょう。高カロリーの食事をするという時にこそ、ゼニカルは効果を発揮してくれます。また、ゼニカルは脂肪分解酵素に対して作用する薬のため、脂質のみカットしてくれます。炭水化物やたんぱく質の阻害はしませんので、基礎代謝のバランスを悪くするということもありません。

ゼニカルは服用してから約30分後に血中濃度がピークになり、約1時間程度で効果が衰え始めます。服用をやめてしまうと、72時間以内に油の排泄も無くなるでしょう。ゼニカルを使用すれば、2~3週間以内に体重が減少して痩せる効果を実感することが出来るそうです。数週間で激やせするような薬ではありませんので安心して下さい。

また、当然ですが身体に必要な栄養バランスを崩さないためにも、生活習慣を日頃から正すように心掛けましょう。ゼニカルは脂肪分解酵素に対して、腸内で作用する痩せる薬のため、下痢や便が緩くなるといった胃腸に関係する副作用が起こりやすいと言われています。しかし、正しく服用すれば、糖尿病や生活習慣病予防にも良いと言われていますので、運動が嫌いだけど、夏でも安心して海水浴がしたいという人は、是非試してみて下さい。