• ホーム
  • 肌に優しいクレンジングの方法

肌に優しいクレンジングの方法

2019年12月16日
美しい女性

美肌を保つには、毎日使っているクレンジング剤や化粧水などにも気を遣わなくてはいけません。ただメイクを落とせば良いというだけで選んでしまいますと、スキンケア用品が原因で、肌トラブルが起こる可能性もありますので注意が必要です。では、優しいクレンジングの方法とは一体何なのでしょうか。まず、クレンジング剤は付けてから洗い流すまでを、全て1分以内で行うように心掛けてください。

優しいクレンジング剤をうたっている商品でも、クレンジング剤に配合されている界面活性剤は負担になる成分です。長時間のせていると、それだけで乾燥する恐れがありますので注意が必要です。

洗い流すための水は、ぬるま湯がベストです。熱すぎるお湯は乾燥を招きますし、逆に冷水を使いますと毛穴が閉じてしまってちゃんとメイクがオフ出来なくなる恐れがあります。

体温よりも少し低いくらいのぬるま湯を使えば、その後のスキンケアの浸透率も高めることが出来るのです。そしてクレンジングは、まずしっかりと手を洗ってから行ってください。雑菌が手についたままですと、ニキビなどのトラブルが起こる可能性があります。

目元や口元などのポイントメイクは、最初に専用のリムーバーを使って落として下さい。次に、乾いた手にクレンジング剤を適量置いて、優しくクレンジングを行います。皮脂が多いTゾーンから洗っていき、Tゾーンのあとに、目元や口元などの皮膚が薄い箇所を行うと良いでしょう。

ぬるま湯をつかってしっかりとクレンジング剤を落とします。オイルクレンジングを使う場合には、しっかりと乳化させてから使いましょう。乳化させないと負担が掛かりやすくなります。メイクオフが終わったら、清潔なタオルで水気を取るようにして優しく顔を拭きます。ゴシゴシと拭くと、摩擦で肌に負担が掛かりますので気を付けて下さい。次に化粧水をつけますが、洗顔後は肌が乾燥している状態ですので、出来るだけ早く化粧水を使ってお肌を潤わせてあげて下さい。

手で優しく抑えるようにつけても構いませんし、コットンを使っても構いません。コットンは、たっぷりと化粧水を含ませてください。そして、思い切りパンパンと手で叩かないように気を付ける必要があります。お肌の潤いをアップさせたいという人は、洗顔後にパックをしても良いでしょう。

夜のパックは翌朝お肌をモチモチさせてくれますし、朝にパックをすれば、化粧ノリが良くなります。化粧水を使ったら必ず乳液を使って、お肌にフタをしてあげましょう。この場合にも、肌は叩かないようにして、お肌になじませるようにして使うのがポイントです。