• ホーム
  • 肌のトラブルを改善するプラセンタの作用

肌のトラブルを改善するプラセンタの作用

2019年12月12日
きれいな女性

肌のトラブルを改善するのに良いと言われているプラセンタは、哺乳動物の胎盤のことです。医薬品の世界ではよく使われているものであり、胎盤というのは、妊娠中の胎児を包む羊膜と、子宮を結ぶところに位置する円盤状の臓器です。一般的に、人間やブタなどの、哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスのことを胎盤エキスと呼びます。人間のプラセンタエキスは注射薬として使われ、ブタのプラセンタエキスは内服薬や健康食品、化粧品などに使用されます。プラセンタには、女性に嬉しい効果がたくさんあると言われています。医療機関で処方される注射薬を使った治療では、主に更年期障害などで使われます。その効果は抗炎症作用、抗ストレス作用や自律神経調整作用、基礎代謝の向上作用などが挙げられます。しかし、プラセンタはそれ以外にも、美肌作用があるとも言われているのです。

プラセンタにはたんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルと美肌に欠かせない5大栄養素が豊富に含まれています。皮膚科でもエイジングケアやシミ対策、肌質改善などにプラセンタが積極的に使われているそうです。そんなプラセンタには、嬉しい効果が2つあります。まず、1つ目は血行促進作用があるということです。血行を促進することで、肌の細胞ひとつひとつにしっかりと栄養を届けることが出来るようになります。肌のターンオーバーを促して、美肌の再生を助けてくれます。血行が良くなれば、シミやシワ、くすみなどの跡や、クマ、たるみなどのトラブルを改善する効果が期待出来ます。

そして2つ目は抗酸化作用があるということです。活性酸素によるダメージは、シミの原因やハリ・弾力を支えるコラーゲンへダメージを与えることになり、シワやたるみの原因へと繋がってしまいます。プラセンタの抗酸化作用により、活性酸素が減れば、コラーゲンのダメージを抑制して、ハリや弾力を守ることが出来ます。

また、シミの原因となるメラニンの発生も抑える効果が期待出来ますので、老化ダメージも守れるのです。お肌にきちんと栄養が行き届いて、抗酸化作用によりダメージが抑制されれば、ニキビやニキビ跡にも高い効果が期待出来ます。美肌成分の生成を助けて、内側からハリとうるおいが出るようにサポートしてくれるので、トラブル改善には欠かせないと言えるでしょう。プラセンタは、一昔前までは病院に行って注射をしてもらわなくてはいけませんでしたが、近年ではドリンクタイプも売っており、身近で気軽に使えるものになりましたので、是非肌トラブルが気になる人は試してみることをオススメします。